リンク サイトマップ お問い合わせ
ホーム センターの紹介 研究 講演会 スタッフの紹介
講演会のお知らせ
研究と業績
子どものこころの分子統御機構研究センター
浜松医科大学精神科
トップ  >  武井 教使

センター長 教授 武井 教使 Professor Nori Takei



出 生
Born in
1955
現 職
Current Position
教授 Professor
連 絡
Contact
Tel: 053-435-2331; Fax: 053-435-2291
学歴・学位
Education and Academic Degree
1982. 3. 岩手医科大学医学部卒業
Iwate University School of Medicine
1994. 9. ロンドン大学大学院公衆衛生・熱帯医学
London School of Hygiene & Tropical Medicine
医学博士(東京大学)
PhD awarded
Master of Science awarded (London University)
経 歴
Professional Career
1993. 6.  ロンドン大学精神医学研究所(モズレー病院)講師
Lecturer at Institute of Psychiatry, London University
1995. 4.  同上助教授
Senior Lecturer at Institute of Psychiatry, London University
1998. 4.  浜松医科大学医学部附属病院講師
2001.10.  浜松医科大学医学部 精神神経医学助教授
2002. 1.  ロンドン大学精神医学研究所(モズレー病院)及び
王立医科大学病院、客員教授
Visiting Professor at Institute of Psychiatry, London University
2007.4  浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター 特任教授
2009.4   浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター 教授 兼 
大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学
連合小児発達学研究科 教授
2016.4 
浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター センター長
専 門
Major interests
精神医学 Psychiatry
神経画像 Neuroimaging
神経心理学 Cognitive neuroscience
疫学 Epidemiology
生物統計学 Biostatistics

業 績
Publications

Does social class of origin influence the risk for later schizophrenia or modify its presentation?
Brit. Med. J. 323:1398-1401, 2001.
・ Why are public-health policies ill made in Japan?
Lancet 358:589, 2001.
・ Obstetric adversity and age at the first presentation in schizophrenia: evidence of a casual relationship.
Am. J. Psychatr. 161(5):920-2, 2004.
・ Is inseki-jisatsu, responsibility-driven suicide, a culture-bound form of suicide?
Lancet 363(9418):1400, 2004.


Schizophrenia Research誌のeditorial board member, European Psychiatry誌のstatistical adviser, Acta Psychiatrica Scandinavica誌のeditorial board member, Br J Psychiatry誌のeditorial board member, Psychological Medicine誌のeditorial board member, Schizophrenia Bulletin誌のeditorial board member

 
プライバシーポシリー サイトポリシー