リンク サイトマップ お問い合わせ
ホーム センターの紹介 研究 講演会 スタッフの紹介
講演会のお知らせ
研究と業績
子どものこころの分子統御機構研究センター
浜松医科大学精神科
トップ  >  中原 竜治

特任研究員 中原 竜治 NAKAHARA Ryuji



現 職
Current Position
特任研究員
Research Fellow
学歴・学位
Academic career
2010/03 日本福祉大学 社会福祉学部 卒業
2013/03 山口大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 修了
専 門
Major interests
臨床心理学(臨床心理士)
業 績
Publications
【原著】
Asano R, Tsuchiya KJ, Harada T, Kugizaki Y, Nakahara R, Nakayasu C, Okumura A, Suzuki Y, Takagai S, Mori N, Takei N; for Hamamatsu Birth Cohort (HBC) Study Team (2016). Season of Birth Predicts Emotional and Behavioral Regulation in 18-Month-Old Infants: Hamamatsu Birth Cohort for Mothers and Children (HBC Study). Front Public Health 25;4:152.

中原竜治・伊藤弓恵・田中亜矢巳・樋野友希・松田典子・宮本秀一・木谷秀勝 (2013) 青年期の高機能広汎性発達障害者の「自己理解」研修合宿に関する一考察(2)―研修合宿における心理臨床的効果についての検討―  山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 35, 79-88.

【学会発表】
中原竜治・浅野良輔・山下真菜・土屋賢治(2015):ごっこ遊びが乳幼児期の言語発達に与える影響 ―浜松母と子の出生コホートに基づいた検討― 日本心理学会第79回大会

中原竜治・磯部智代(2015):生殖補助医療(ART)が24ヶ月齢の神経発達に与える影響―浜松母と子の出生コホートに基づいた検討― 日本心理臨床学会第34回秋季大会

Tomoko Haramaki, Kenji J.Tsuchiya, Ryuji Nakahara, Manabu Wakuta, Katsuaki Suzuki, Norio Mori, Taiichi Katayama(2014). Ka-o-TV An Eye Gaze Detector for Early Diagnosis of ASD Phenotype. Poster session presented at the International Meeting for Autism Research. Atlanta, USA.

【その他】
中原竜治(2017):ペアレント・プログラムからペアレント・トレーニングへのつなぎについて アスペ・ハート,46,28-31

土屋賢治・服巻智子・和久田学・新村千江・首藤勝行・大須賀優子・村田絵美・坂 鏡子・中原竜治・浅野良輔・高貝 就・鈴木勝昭・森 則夫・黒木俊秀・片山泰一 (2015): GazeFinder (Ka-o-TV) を用いた自閉スペクトラム症の早期診断指標の開発 〜1歳6ヵ月乳幼児健診における活用に向けて〜 脳21, 18, 203-213

【競争的資金】
2014年4月〜2016年3月 科学研究費助成事業若手B「生殖補助医療により生まれた児の運動・言語・社会性の発達の軌跡」として採択。
2016年4月〜2018年3月 科学研究費助成事業若手B「出生コホート研究を用いたADHDの早期兆候の特定」として採択。
 
プライバシーポシリー サイトポリシー