リンク サイトマップ お問い合わせ
ホーム センターの紹介 研究 講演会 スタッフの紹介
講演会のお知らせ
研究と業績
子どものこころの分子統御機構研究センター
浜松医科大学精神科
トップ  >  原田 妙子

特任助教 原田妙子 HARADA Taeko, PhD

現 職
Current Position
特任助教
Assistant Professor
出 生
Born in
1969
連 絡
Contact
htaeko(at)hama-med.ac.jp
学歴・学位
Academic career
2000/03 体育学修士 Fukuoka University (Exercise physiology)
2004/06 人間環境情報学博士 Nihon Fukushi University (cognitive neuroscience) PhD awarded
2004/11 海外特別研究員 フランス国立科学研究センター(UMR 7152 Collège de France – CNRS)認知・行動生理学研究室
2005/09 海外特別研究員 Université Pierre et Marie Curie(Paris 6, UPMC)・フランス国立保健医学研究所(Inserm U742)所属 脳イメージング・運動制御研究室 
2006/04  長寿科学振興財団リサーチレジデント    
2007/04 博士研究員 Université Pierre et Marie Curie Paris(Paris 6, UPMC)・フランス国立保健医学研究所(Inserm U742)所属 脳イメージング・運動制御研究室
2007/07 日本福祉大学情報社会システム研究所 嘱託客員研究所員
2011/04 日本福祉大学 健康科学研究所 客員研究所員
2013/05 浜松医科大学子どものこころの発達研究センター 特任研究員
2017/04 現職

専 門
Major interests
認知神経科学cognitive neuroscience
運動生理学Exercise physiology
神経画像 Neuroimaging
業 績
Publications
Harada T, Tsuruno M, Shirokawa T. Developmental trajectory of rule management system in children. Sci Rep 8(1): 12798, 2018.
視覚誘導性自己運動知覚刺激を用いた歩行訓練による歩行機能の改善と脳機能への影響に関する研究 日本福祉大学健康科学論集15研究ノート: 27-29, 2012.
Gait capacity affects cortical activation patterns related to speed control in the elderly Exp Brain Research 193:445−454, 2009.
近赤外線分光法を用いた色嗜好判断中の皮質活動分析 −色情報提示様式の効果−日本色彩学会誌 32:185-194,2008.
Jogging improved performance of a behavioral branching task:
implications for prefrontal activation Neuroscience Research 49 :325-337, 2004.
 
 
プライバシーポシリー サイトポリシー